スーツよりカジュアルに決めたいメンズ必見!年齢問わずおしゃれに決まる最新セットアップ!人気ブランドを知りたい方は要チェック!

秋のメンズセットアップの着こなし方

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/07/17

近年、メンズセットアップが人気となっていますが、季節によって意識した方がよい部分が異なります。おしゃれの追及はもちろんですが、着心地や使い勝手の追及も含めて考えなければいけないポイントは意外と多いのです。そこで今回、メンズセットアップの基本事項と秋の着こなし方について、重要なポイントを3つご紹介します。

そもそもメンズセットアップって何?

メンズセットアップは「服の着こなし法」を指す言葉であり、特定のブランドやビジネススーツ等の服についている名前という訳ではありません。ただし、「メンズセットアップに使う事を意識している」という意味で、多くの商品がリリースされているという事も押えておきたいポイントです。

正式にはメンズセットアップスーツと言う和製英語であり、「スーツ仕立てのジャケットとパンツ」と「上下揃ったスポーツウェア」、「上下の素材を同じ物で揃える」の3条件のいずれかを満たしていれば「メンズセットアップでコーディネートしている」といえるでしょう。

もちろん、春夏秋冬と全ての季節対応の製品も多数出揃っていますし、ビジネススーツの時の様に上下ワンセットで売っておらず、それぞれ別売りされているため、上着があってパンツは合わずに困るという問題は起きません。

昨今はクールビズの影響もあって、スーツの代わりにメンズセットアップを仕事着としてOKとしている会社も多くあります。メンズセットアップはうまくコーディネートすれば私服としてもビジネスカジュアルとしても使えますので、メリットが大きい着こなし方と言えます。

ただ、ビジネス面で使う事を考えている場合には、服としての使い方にはいくつか意識しておかなければならないポイントがあります。初心者で服の組み合わせ方がわからないという場合には、まずは私服でのコーディネートを身につけましょう。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルという見方がある

メンズセットアップをやってみようと思ったとして「何から手を付けて良いのかわからない」という事もあるかと思います。その場合は、オフィスカジュアルとビジネスカジュアルという2つの切り口で考えていくと方向性が掴みやすくなります。

オフィスカジュアルのは「自社のオフィスで不意の来客があっても失礼が無く、スーツよりは緩い範囲の服装」という見方になります。私服の要素が強くなりますが、着こなし関連に興味が出てきたばかりという様なときには、即ビジネス面で使うのではなく私服のコーディネートで経験を積むというのも1つです。

対して、ビジネスカジュアルの方は「他社訪問時でも失礼のない、スーツ程では無いが訪問着の範囲」という見方となります。ニュアンス的にはスーツに近い私服という所であり、こっちはビジネス面で使う場合は訪問先の会社の文化を読み間違ってしまうと、失礼になってしまう場合もあります。

その点に留意するのであれば、順序としては「オフィスカジュアルを追求する中で、ビジネスカジュアルの方向性を少しずつ模索する」のがおすすめです。

ちなみに、ビジネスカジュアルの方もある程度自信が出て来たという頃合には「ジャケパン」と言って、色と素材と柄を上着やパンツごとに個性的に分ける着こなしに挑戦してみるというのも悪くありません。難度が少し高いのですが、セットアップの先を行きたい場合には最初に考えておきたい着こなし法と言えます。

秋のセットアップのポイントはこんな所を意識しよう

秋の初旬か冬が間近に迫る頃合かで、色々と幅が広くなります。ジャケットのセットアップを考えるだけでもカットソーからセーター、タートルネックと言った物もありますし、大人っぽくシャツにしてみるというのも1つの選択です。

その上で、たとえば9月頃でしたら残暑を意識した上で麻やシアサッカーの薄手のカジュアルコーデを選択する考えがあります。昨今の酷暑を考えると、夏用から秋用に変えるタイミングに迷うかもしれませんが、必要に応じて重ね着もできるものを選ぶとよいでしょう。

本格的に秋になる10月後半からは、カットジャケットにカットソー、シャツなどを考えるのも1つです。色もネイビーやグレー、ベージュといったシンプルな種類でまとめるというのも悪くありません。

11月に入って冬の気配を強く感じてきたという頃合には、インナーをカットソーからニットに変えるとバランスが取れます。タートルネックで首まで隠れる様なスタイルにすると大人っぽさを上手く演出できます。

センタープレスの無いカジュアルパンツタイプと逆にセンタ―プレスのあるスラックスタイプ等もあるので、上着とのバランスをとって考えてみるのも、コーディネートの上では重要なポイントとなります。スーツに近いスラックスの方はビジネスカジュアルの方で人気になっている事等も、知っておくと後で大きい差になる部分です。

 

メンズセットアップとは3つの条件を持った着こなし法の事であり、ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルという2つの方向性があります。その事を知った上で秋の初旬には残暑対策、後半で冬が近くなったならば保温が出来る様な物を意識してコーディネートを考えていきます。パンツの種類等と含めて、上手いバランスを考えるのがコツになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧